近江の古刹 福林寺、願成就寺、石馬寺

鯱城OB、重文クラブの集まりで近江湖東方面へ。
2月24日、重文2526会の2月例会で、幹事の努力もあり40名を超える参加があった。

生憎の曇天で、少し小雪もちらつく寒い日だった。

先ずは、 滋賀県守山市の 福林寺

趣のある山門へ。
画像
 


山門を入るとすぐに立派な石造りの宝塔が目に入る。
画像
 

鎌倉時代の作で、重要文化財。

境内が狭いので、すぐ目の前が本堂だ。
画像
 

ここで、住職から講話を聴いて、仏像の鑑賞。
住職の特別の計らいでご本尊の秘仏・十一面観音を観ることが出来た。
非常に優しい顔立ちの美人観音様だ。
作家の井上靖が絶賛したそうだが、それも納得。
(次の画像はWebから拝借)
画像
 


美しい十一面観音を話題にしつつ、昼食を。
店は、なんと!うなぎ料理店だ~!! ちょっと期待した。
でも、ランチは一般的な定食。混ぜご飯にうなぎの身が微かに混ざっていた。
ま~、旨かったからいいけど……。



次は、近江八幡市の 願成就寺 

八幡山のふもとの小高い山に建つ。
石段を登って境内へ。
画像
 


石段を登りきると、すぐに、芭蕉の句碑が目につく。
芭蕉二百回忌の句碑らしい。
     比良三上 雪さしわたせ 鷺の橋
画像
 


そして、ここにも芭蕉の句碑。こちらは芭蕉三百回忌の句碑。
     五月雨に 鳰(にお)の浮巣を 見に行かん
画像
 


百回忌の句碑がもう一基あるらしいが、見落とした。

少し奥の広場に本堂が建つ。
画像
 


ここでも、やはり住職から講話を聴いた。
そして、ここの本尊も秘仏らしいが、特別の計らいで厨子を空けて見せてくれた。
この本尊・十一面観音も素晴らしい。もちろん重要文化財。
きりっとした眼が印象的だった。

地蔵堂には「木の中地蔵尊」(重文)を祀ってあった。
木の中ほどを彫って造ったから「木の中」と云うらしい。
木の下の方を彫れば「木之本地蔵」と云うそうだ。

境内には丸い石を積み重ねた、少し変わった形の石塔が建っていた。
画像
 

由来、その他 不明。

また、面白い石像もあちこちに建てられている。そのうちの一基。
どの石像も、お地蔵さんと坊さんとが対になっていた。
画像
 




最後の訪問地は、東近江市の 石馬寺

「石馬」という変わった名前のお寺さん。
なんでも、その昔、聖徳太子がこの地へやってきて、松の樹に馬をつないでこの山に登った。
山から戻ってきたら、樹につないだ馬が傍らの池に沈んで石になってしまった、と云う。
で、聖徳太子がこの地に建立したこの寺を「石馬寺」と云うそうだ。

そして、これが馬をつないだとされる「駒つなぎの松」の跡。
画像
 

さらに、こちらが石馬寺縁起発祥の古池。
いまなお石になった馬が主人を待っている。
画像
 

画像
 


「駒つなぎの松」の広場から厳しい石段が続いており、ここを登って行く。
画像
 


ここは「かんのん坂」と云うそうで、ゴロゴロとした石が積まれおり、かなり登りにくい。「乱れ石積」と云うそうだ。
石馬寺と刻まれた石碑が建っている。
画像
 


息が切れそうになった頃、ようやく境内の建物が見えてきた。
画像
 


境内へ到着。同行の皆さんも頑張って登ってきた。
画像
 


本堂脇に「石馬寺垣」という垣があった。
画像
 


宝物殿の脇に小さな石庭が造られている。
画像
 

石馬の縁起を描いていると云うが、よく分からない。

本堂、および宝物殿で、住職の解説を聞く。
まだ若い住職で、なにか福祉関係の仕事もやっているそうだ。

宝物殿には素晴らしい仏像がたくさん祀られていた。
重要文化財に指定されている仏像だけでも10数体ある。
そのうちの一部。 (石馬寺の栞から拝借)
画像
 

なかでも、役行者大菩薩像とその脇立の前鬼・後鬼、大威徳明王像などが特に珍しく、素晴らしいと思った。

宝物殿を堪能したあと、境内を散策しながら帰途につく。
苦労して登ってきた石段を注意しながら下りる。

途中に六所神社があり、その境内には巨大な岩が鎮座していた。
画像
 


また、そのすぐ近くから、雨宮龍神社へ登る石段が続く。
画像
 

ここから更に800段以上の石段を登った山上に神社はあるそうだ。

この日はこの鳥居のところから遠くお参りして帰参した。



今回の重文ツアーも、秘仏を拝むことが出来たり、珍しいものにも触れたいへん楽しい会だった。
途中、小雪がぱらつくように寒い日だったが……。

名古屋へは、さしたる渋滞もなく、予定通り到着。
いつものように反省会と称する飲み会で盛り上がった。
良き一日だった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック