街のタヌキはマイペース

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊田工業大学 CS(Computer Science)セミナーに参加

<<   作成日時 : 2011/09/17 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日9月16日、豊田工業大学にてオープンセミナーとして、第7回CS(Computer Science)セミナーが催され参加することが出来た。


「人間に迫る人工知能」と副題がつき、3名の先生方の講演。
人工知能ということで興味を抱き、応募した次第。


講演1:機械の通訳と人間の通訳
  (独法)情報通信研究機構 多言語翻訳研究室 室長 隅田 英一郎 氏


 80年代から活発になったコンピュータによる翻訳の実現に向けた研究のあらましと、音声自動翻訳の仕組みなどを比較的分かり易く説明していただいた。
研究が進み、現在はスマートフォンで旅行会話ぐらいは実現できるようになったという。

画像
講演資料より借用



 80年代末の第1期プロジェクトの成果として、当時の実験映像をみせてもらった。日本語で会話文を話すと英語に通訳して返してくれるものだが、このときは大型コンピュータを使っても応答に1分くらいの時間が必要。それでも合成された英語の音声は非常にきれいなもので、そういう意味では素晴らしいと思った。

 現在、スマートフォン向けのアプリケーションとしてサービスを開始しているVoiceTraというシステムのデモンストレーションもあった。これはもう応答速度も音声品質も十分に使い物になるレベルに達していると思う。
ちなみにこのシステムの会話能力は、旅行会話に限定すればTOEICで600点強の人間に相当するとのこと。すごい!

 音声合成の仕組みの解説にもあったが、重要なのは如何に多くの音声データを蓄積できるか、ということのようで、このVoiceTraシステムを無償で公開しているのも様々な音声データのアップロードを期待しているらしい。

 ただ、現在の技術では逐次通訳のレベルであり、同時通訳はまだまだ遠い先とのこと。そうだろうな〜。

 たいへんおもしろい講義だった。


2.コンピュータ将棋の最前線
  北陸先端科学技術大学院大学 准教授 鶴岡 慶雅 氏

 「あから2010」というコンピュータ将棋のシステムとプロ棋士(清水女流王将)との対決のエピソードで始まり、コンピュータ将棋の仕組みの解説をいただき、たいへんおもしろかった。

 実は2005年に日本将棋連盟からプロ棋士と将棋ソフトの対決禁止令が出ているそうで、この時の挑戦は特別に連盟の許可を得て実施したものだそうだ。

 いまの将棋ソフトの実力はプロ棋士の上位クラスのレベルまで来ているとのこと。

 コンピュータの思考法の原理は、基本的には打ち手を探索して、評価関数を使ってそれぞれの打ち手の有利・不利の度合いを数値化する。その時の評価関数の作り方や、探索の効率化などがポイントとなるらしい。

画像
講演資料より借用



通常、将棋の場合はある局面では平均して80通りの打ち手があるそうで、2手先、3手先を読むには単純にやれば80×80通り、80×80×80通りの評価をすることになる。人間のアマ初段クラスでも10数手先を読むそうだから放っておいたらべらぼうなケース数の評価が必要になる計算だ。従ってこの探索効率化アルゴリズムの巧拙が性能を分けることになる。

 さらに、評価関数についても多くの検討がなされている。盤上の駒の位置や数はもちろん、自玉と相手玉の相対位置など様々な要素を検討して作り出しているそうだ。また、3万局におよぶプロ棋士の棋譜を学習データとして利用したりしている。

 その他、豊富な話題で時間を忘れてしまうくらい講義に引き込まれてしまった。


3.Models for structured image annotation
  (画像注釈の構造化されたモデル

  Toyota Technological Institute at Chicago Dr. Greg Shakhnarovich

 この講演のテーマは、人間が視覚を通して物を認識する過程を、画像情報に注釈をつけることとして捉え、この注釈(単語)を自動的に付与する方法を考えること、らしい。

 ただし、講演はほとんど理解できなかった。やりたいことは分かるのだが、その実現への考え方は全く分からない。講演はネイティブの英語だったこともあるが、仮に日本語だったとしてもたぶん理解できなかっただろう。見たこともない数式も結構たくさん出てきたし……。

 現に、最後の質疑応答の時間は、質問者は主催者である大学関係者だけだった。我々一般聴衆の多くには難しかったのではないかなぁ。

 しょうがないね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高学歴女性ほど陥りやすい落とし穴とは?
※今回の記事のデータは「プレジデント」から引用させていただきました学歴の高い女性ほど、異性を選ぶときにまず学歴・偏差値で足切りするケースが多くなります早稲田の女子学生を対象にしたアンケートでは4割が、結婚相手に「早慶上智以上の学歴を ...続きを見る
高学歴女性ほど陥りやすい落とし穴とは?
2011/10/09 23:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊田工業大学 CS(Computer Science)セミナーに参加 街のタヌキはマイペース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる