100名城 奈良:宇陀松山城、高取城、大和郡山城

4月9日、コロナ禍で外出を控えるようにという情勢ではあるが、
山の中を独り歩きするだけならよかろうと、奈良県下の100名城を巡ることにした。

先ず、宇陀市の 宇陀松山城 だ。
東名阪道を針で抜け、宇陀市へ。
宇陀市のまちづくりセンター「千軒舎」でスタンプをもらう。
DSC04375.JPG
この地区は伝統的な建築が建ち並ぶ。
その一軒、この建物は明治前期の建築で、当時は名高い薬屋だったという。

中を見せてもらった。
DSC04376.JPG

このすぐ裏手に宇陀松山城の登城口がある。杉の林が美しい。
DSC04378.JPG

登って行くと、空堀が見えてきて城址らしくなってきた。
DSC04384.JPG

雀門と呼ばれる虎口の跡。
DSC04385.JPG

その説明板が建っている。発掘時の様子が写真に残されているようだ。
DSC04386.JPG

本丸へ。
DSC04389.JPG

本丸と天守台の様子が航空写真で展示されていた。標高473mだ。
DSC04380.JPG

そして、その地形図も。
DSC04382.JPG

古文書に記された山城図。当時は阿紀山城と呼ばれていたようだ。
img058uda.jpg

南北朝期から戦国時代にかけて、宇陀郡の国人・秋山氏の居城だった。
その後、豊臣家配下の諸将が城主となるが、大坂の陣の跡、この城は破却された。

本丸から見た眺望。遠くに街並みが見える。
DSC04394.JPG

天守台へ登る虎口。
DSC04396.JPG

宇陀松山城のスタンプ
img056uda.jpg

◇ ◇ ◇

次は30分くらい走って、高取城だ。
ここが本日のメインスポットだ。

高取町観光案内所「夢想館」でスタンプをもらう。
DSC04398.JPG

ここから車で山道を登る。途中、壷阪寺があった。

延々と狭い山道を登った先に、ようやく登城口へ到着。
駐車場はないので、道の脇に駐車。そういう車が数台あった。
DSC04401.JPG

よく整備された通路を進む。途中、かなり急なところもある。
DSC04402.JPG

通路の脇に石垣が見えてきた。
DSC04404.JPG

壺阪口中門跡へ出る。立派な石垣が目を引く。
DSC04410.JPG

そして、大手門跡。見事な石垣だ。
DSC04413.JPG

十三間多門櫓があったところ。
DSC04416.JPG

そして本丸へ出る。本丸の石垣の前に巨大な桜がまさに満開だった。
DSC04418.JPG

DSC04442.JPG

石垣の脇に、日本三大山城の説明が建っていた。
ここ高取城と、備中松山城、美濃岩村城の三カ所だ。
DSC04420.JPG

高取城は標高583mの高取山の頂上に築かれた。
南北朝の頃、越智氏によって築かれ、一時廃城となったが、のちに筒井順慶が復興した。

十五間多門櫓もあったらしい。
DSC04421.JPG

本丸の石垣も素晴らしい。
DSC04423.JPG

DSC04426.JPG

本丸へ登る。
DSC04432.JPG

DSC04434.JPG

DSC04435.JPG

本丸で吉野の山々を遠くに見ながら弁当のおにぎりを頬張る。
DSC04440.JPG

吉野山には桜が咲いているのが遠目にもかろうじて見られた。
途中の道案内には「吉野へのマイカー乗り入れ規制」とあった。

高取城のスタンプ
img056takatori.jpg

◇ ◇ ◇

次の大和郡山城へ向かう途中、橿原神宮へ寄ってみた。
DSC04443.JPG


DSC_0050.JPG

コロナ禍の影響か、手水所が使用中止になり、垂れ流し式の仮設の手水所が設えてあった。
DSC04446.JPG

◇ ◇ ◇

そして、大和郡山城へ到着。

見事な堀が掘られている。
DSC04454.JPG

まずは、柳沢文庫と云う施設でスタンプをもらう。
文庫自体はコロナの影響で休館していたが、スタンプは貰えた。
DSC04453.JPG

文庫の脇に二面石仏という小さな石仏があった。
この石仏は鎌倉時代のものだが、築城時に石垣の石材として他所から持ってきたものらしい。
地蔵像と十王像とが各面に彫られている。
DSC04452.JPG

DSC04450.JPG

柳沢文庫のすぐ前に柳沢神社が祀られている。
五代将軍徳川綱吉の側用人だった柳沢吉保を祀っている。
柳沢家が甲府から転じて郡山へ移った際に、吉保をここに祀ったという。
DSC04456.JPG

しばらく進むと天守台が見えてきた。
DSC04459.JPG

DSC04460.JPG

DSC04471.JPG

天守台への登り口。
DSC04462.JPG

天守台から郡山市街を見通せる。
DSC04463.JPG

DSC04464.JPG

追手門の方へ進む。

追手門のすぐ前に追手向櫓が建つ。昭和初期の再建だ。
DSC04474.JPG

そしてその向かい側に追手東隅櫓が建っている。これも昭和の再建。
DSC04482.JPG

大和郡山城のスタンプ
img056kooriyama.jpg

◇ ◇ ◇

奈良県の三箇城を回って帰宅。
帰りの高速はかなり空いていて、順調に走れてよかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント