追っかけ投稿第4弾 チベット仏教寺院

3月28日、鯱城OBクラス会の行事で龍泉寺街道を歩く。

印象に残ったのは、龍泉寺から歩いてすぐのチベット寺院だ。
画像
 




ユトリートで小幡緑地を下車。
先ずは近くの龍泉寺を参拝。
画像
 


今回の行事を企画してくれた世話人が案内役を買って出てくれている。
画像
 


しばらく歩くと、チベット仏教寺院へ。

この境内奥に巨大な石碑が建っている。
「言霊」の碑だ。
画像
 

ここの住職がお伊勢さんで「言霊に気を配れ」と告げられたことで建立したと云う。

小高い山の天辺に八幡宮が祀ってあり、その手前に巨大なさざれ石が座っている。
直径5m位は有りそうで、こんなに大きなさざれ石は初めてだ。
画像
 


八幡宮の山裾からチベット寺院を見下ろせる。
画像
 

画像
 


チベット寺院を見学。
正式には「チベット仏教寺院・強巴林(チャンパリン)と云うそうだ。

入口。いわゆる山門にあたるのかな?
画像
 

左右に巨大なマニ車が据え付けられている。

ここの職員に堂内を案内してもらった。
珍しい光景が続き、仲間たちから歓声が上がる場面が多かった。

堂内の撮影は出来なかったので、当寺院のWebから以下の画像を拝借する。
画像
 

画像
 


重文クラブの関係で各地の寺院を訪れることが多いが、ここは一味違う感動がある。



チベット寺院を楽しんだ後、龍泉寺街道をさらに北上。

荘内川まで出て、神明社へ。 ここがゴールだ。
画像
 


近くのバス停でユトリートに乗って帰る。

世話役を担当してくれた仲間のお蔭で珍しい街歩きが出来た。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック