蔵のまち 半田

8月29日は鯱城・地域26会の例会。
この月は我々が当番なので、半田の散策を企画。
散策と云っても、暑い時期なので極力歩く距離を少なくした。
それで、JR半田駅周辺の観光施設を訪れることに。

JR名古屋駅9:32発の快速で大府経由半田へ。
(間違えて名鉄へ乗ってしまった人が一名いたが、現地で落ち合うことができた)。

JR半田駅。
画像
 


ここの跨線橋はJRで最古のものだそうだ。
画像
 



最初の訪問地は「MIMミツカンミュージアム」。
画像
 

数年前にリニューアルしたそうで、内外ともにきれいだ。

係の案内で色々観て回る。
ミツカンの酢づくりの歴史などを丁寧に説明してくれた。
画像
 

画像
 


渡り通路から中庭がみえた。 近代建築の意匠だ。
画像
 


江戸時代に活躍した弁財船が再現されている。
画像
 

画像
 

この船の甲板に上がって、江戸までの航海を体験できる。

「光の庭」と称するゾーン。
寿司や鍋などの料理を体験できるコーナーだ。
画像
 


にぎり寿司を体験出来るコーナーは子供たちに大人気。
我らの仲間も挑戦していた。
画像
 


90分くらいの見学時間はあっという間に過ぎてしまった。



ランチは近くの魚太郎。
画像
 


松華堂弁当を予約しておいた。値段の割に、それなりに豪華なランチだ。
ビールをやりながら和やかなひと時。
画像
 




ランチ後は、運河の脇を少し歩いて、国盛の見学。
「国盛 酒の文化館」だ。
画像
 

画像
 


ここでもガイドに従って半田の酒造りの歴史を見学。
画像
 


そして、お楽しみの試飲・利き酒。
画像
 




予定のコースを観て歩き、半田駅へ戻った。
この界隈には更に多くの観るべき文化財があるようだが、今回はここまで。

帰りは金山駅で降り、夕食がてらの反省会。

担当幹事だったが、概ね好評だったようで一安心だ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック