四日市コンビナート 夜景クルージング

6月11日、四日市へ。
天狗会の企画で四日市コンビナートの夜景クルーズに参加しようという話があり、その下見。

近鉄で四日市へ。
駅ビルのそば屋で夕食を食べ、お迎えのバスに乗車。

クルーズ出発地の千歳桟橋。
この船でクルーズへ。 「はやぶさ」と云う船で120人乗りとか。
画像
 


定刻の19:00に出航。波止場に宵やみが迫る。
画像
 


ほとんどの客がデッキに出ている。
船上ではボランティアのガイドの話に聞き入る。
画像
 


先ず案内されたのは、ちょっと曰く有り気な堤防。
「潮吹き防波堤」と云われ明治27年に建造された。
港湾施設として初めて国の重要文化財に指定されているそうだ。
画像
 


船上から見る夕日が美しい。 
港湾施設をシルエットにして、幻想的ですらある。
画像
 

画像
 

画像
 


停泊する船の明りも美しい。
画像
 


船が進むにつれ、様々な工場の施設が姿を現す。
画像
 

画像
 

画像
 


巨大な配管橋をくぐる。LNG燃料などが通っているそうだ。
画像
 

画像
 


石油の精製工場が見えてきた。
画像
 

画像
 


近くに停泊する船舶。これも石油精製関係か?
画像
 


90分のクルーズを堪能して、波止場へ帰港。
画像
 


近鉄四日市までバスで送ってもらい、一路名古屋へ帰る。
もう遅い時間なので、名古屋帰着とともに解散。

たのしい一夜だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック