郡上八幡の街歩き

10月23日、鯱城OBの仲間と郡上八幡へ。
古城の城郭遺跡に詳しい友人の企画と案内だ。
画像
 


この日は天気が危ぶまれたが、出発時には回復し絶好の行楽日和となった。

JR岐阜駅に集合。
そして高速バスで郡上八幡へ。
画像
 


郡上へ近づくと、社内から郡上のお城が見えてきた。
地元では「天空の城」と呼んでいるそうだが、確かに高い丘の天辺に浮かんでいる姿はその名に相応しい。
画像
 


目的地、城下町プラザへ到着。 約一時間の乗車だ。
画像
 


さっそく、城山を目指して歩こう!!

プラザのすぐ近くに安養寺という大きな寺院があった。
画像
 

画像
 


しばらく歩くと小さな広場があり、「山之内一豊とその妻」の像が建っていた。
肩越しに天守閣が見える。
この辺りは二の丸跡らしい。
画像
 

山内一豊の妻、千代女は郡上の殿様の娘だとも云われる(諸説あるようだが、この説が最有力とか)。

城山散策路を登って行く。少し急な坂道が続く。

路端の崖に、見事な節理が観察できた。
いにしえの地殻変動の名残だ。
画像
 


お城の石垣があらわれる。 天守閣へと最後の登り。
画像
 

画像
 


天守閣だ。4層5階建、木造で再建されていて、木造再建では日本最古だそうだ。
画像
 

画像
 


天守閣からの眺めは素晴らしい。 城下町が一望できる。
画像
 


天守の下には様々な記念碑等が建っている。

これは”凌霜隊の記念碑”だ。 
戊辰戦争のときの凌霜隊の物語は、本当に悲しい話だ。
画像
 


会津の白虎隊と郡上の凌霜隊、ともに同じ戦で悲惨な戦いを強いられた。
両者が姉妹提携したらしく、その記念植樹もされている。
画像
 


こちらは凌霜隊の顕彰碑。
画像
 


案内役の仲間に連れられて、天守閣の周りを色々と散策。
城郭跡が大好きなその御仁は、嬉々として説明をしてくれる。
あまり他所では聞けない話なので、たいへん有難かった。

これは土橋。 いざと云う時にはこの橋を切り落とせは寄せ手を防ぐことが出来るようになっている、そうだ。
画像
 


このような、城郭付随の様々な構造物が残されている。
城郭好きの人には堪らんだろうなぁ!



城山を下山して、昼食。

街のそば屋で、ワイワイガヤガヤ云いながら食事。
蕎麦が旨かったし、天麩羅もイケる。 もちろんビールが美味い。

午後は、街のガイドに連れられ、街歩き。

これも楽しかった。

城下町の街並み。
画像
 

画像
 

江戸時代や大正時代には大火にあって街は全焼したが、そのあとの街並みが残されている。

大火の教訓で、街のあちこちに防火目的にもなる水路が巡らされ、きれいな水が勢いよく流れていた。
画像
 


街角に郡上踊りのモニュメントが。 いかにも郡上らしい。
この夏に泊りで踊りに来たご婦人は、懐かしそうに眺めていた。
画像
 


街のあちこちから天守が望める。いかにも城下町だ。
画像
 


肉桂玉という名物の飴、その老舗。
のれんの上に大きな杉玉みたいなのがぶら下がっている。
これはナンテンの実を固めて作ったものらしい。
ナンテンの実でこんなに大きな球を作れるのだぁ!
画像
 

画像
 


名所、宋祇水へ。
画像
 

画像
 

文明年間に連歌の宗匠・宋祇がここに庵をむすび、この清水を愛用していたところから名付けられたと云う。
全国名水百選の一番手として指定を受けたそうだ。

近くには小さな河があり、美しい水が流れている。
河畔の、三階建の建物の並ぶ姿がちょっと不思議。
画像
 


吉田川を渡り、川向うの街へ。
画像
 


TVなどの報道で全国的に名高くなった「サンプル工房」。
画像
 

画像
 

店内では食品サンプル制作の体験もでき、たいへん賑わっていた。
やっぱり、御他聞にもれず、ここも中国人観光客が多い。
この食品サンプルがこの町の新たな地場産業として発展してきたそうだ。

街角に面白いお地蔵さんが佇んでいた。
看板に「新柄マスク 入荷しました」とある。
画像
 


水路の多い街だが、ここはとりわけ茂みが多く、いい感じだ。
画像
 


旧役場の建物。いまは観光案内処・お土産屋になっている。
画像
 


役場の脇の「いがわの小径」へ。
きれいな水がとうとうと流れ、巨大な鯉をはじめ、たくさんの魚が泳いでいた。
画像
 

画像
 

画像
 


旧役場へ戻ってくる。
役場の前に郡上踊りの唄をあらわした碑が建っている。
  「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる」
画像
 


バス・ステーションのあるプラザへ向かう途中、例の食品サンプルを創業した岩崎氏の生家という建物があった。
街中に、ごく普通に見られる店舗で、看板が無ければ気がつかない。
画像




プラザでお土産を買い、帰路へ。
今回は、家で待つ妻のリクエストに応じて、アユの甘露煮を買った。
「アマゴの郡上炊き」もだ。

この日も楽しい一日だった。
この旅を企画してくれたY.O.氏に感謝。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック