「納豆の起源」を研究している先生もいる

9月25日、久しぶりに「名大カフェ」に参加した。
演題「納豆の起源」に惹かれて……。
画像
 


いつものナディアパークのジュンク堂ブックサロンでこじんまりと開かれていた。

納豆の起源を追い求めて、東南アジア各地を調査して回った報告だ。
たいへん面白い話だった。

講師の横山先生は、半導体エンジニアとして民間企業で勤務した後、
青年海外協力隊員として東南アジアで活動した経歴を持つ。

現地から持ち帰った「納豆」の現物にも触れさせていただき、
臨場感ある講義だった。

世の中には色々な納豆があるものだ。
毎朝食べる日本の物とは想像もつかない。
これが「納豆」か~~?というものも紹介された。
もっとも「納豆とは」という定義の問題だが……。

納豆の起源を探るという点に関しては、諸説があるようだ。
しかし、結局は各地で多元的に発生して現在にいたる、と云う立場の様だ。

横山先生の、現地を歩いて調査研究された成果には敬服すべきものが多い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック