街のタヌキはマイペース

アクセスカウンタ

zoom RSS 結構きつかった 御在所岳登山

<<   作成日時 : 2014/10/20 20:34   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

鯱城ハイク部の10月例会は御在所岳登山。

10月16日、御在所中道に挑戦した。
絶好の登山日和に恵まれて、おのずと期待感がいよいよ高まる。
画像
 




名鉄バスセンターから、東名阪経由の高速バスで、一路湯の山温泉へ。
一時間強の走行で、湯の山温泉バス停へ到着。
画像
 


とりあえずは、大石橋公園を目指して歩く。
画像
 


だんだん、渓流の畔を進む場面が多くなってきた。
画像
 


途中、渓流の脇に佐々木信綱の歌碑が建っていた。
画像
 

        白雲はそらにうかべり谷川の
        石みな石のおのずからなる

    なるほど、本当に大きな石の多い谷川だ。

巨岩の向こう側に赤い欄干の大石橋が見えてきた。
画像
 


ここで簡単なミーティングと準備体操。
いよいよ登山開始だ。

案内板が登山口を示す。 我らは中登山道(いわゆる中道)に挑戦。
画像
 


登山道の脇には巨大な花崗岩がゴロゴロしている。
画像
 


いきなり国道があらわれ、それを横切るとすぐに中道登山口へ。
画像
 


ここからは本格的な登山道が続く。
いままでのハイクで歩いた道とは少し様子が違う。
にぎやかなお喋りの声が聞こえなくなり、なんだかみんな寡黙に。
画像
 


ロープウェーの下を潜り抜ける。 ここで3合目。
画像
 


間もなく ”おばれ岩”。  名所の一つだ。 ここで4合目。
巨大な岩が一方に負われているように重なっている。
人ひとり、やっと通れるくらいの隙間が空いていた。
画像
 

画像
 


5合目へ来ると、山頂を間近に望める。
画像
 


隣には鎌ケ岳(1161m)。 姿の良い山だ。
画像
 


更に進むと、 ”地蔵岩” があらわれる。 奇岩の多いルートだ。
画像
 


地蔵岩の向こうには、鈴鹿・四日市方面まで見渡せる。 
素晴らしい展望だ。
画像
 


6合目キレットで昼食。 
断崖絶壁のてっぺんだ。 ここで標高900m。頂上まであと300m。
画像
 

おのおの持ち寄った弁当を広げ、周りから回ってくるお菜や果物をいただく。
いつものようにみそ汁やコーヒーも。
にぎやかな歓談で、疲れも吹っ飛ぶ。最高の時間だ。

ここから望む山頂。いっそう間近に見えるが、まだ300mある。
画像
 


ランチを済ませて、出発。

先ほどランチを食べていたのはこの絶壁の天辺だ。
画像
 


ますます急な登り道。 岩場も増え、歩きにくい。
時にはこんなハシゴをよじ登る場面も。 7合目付近。
画像
 


8合目付近。 このあたりへ来ると紅葉している木々が見られた。
画像
 

画像
 


先に進んだ仲間たちが絶壁の上で展望している。
画像
 


ここまで登ると一層雄大な景色が広がる。
眼下に地蔵岩を見下ろして。
画像
 


荒々しい岩肌が美しくも見える。
画像
 


遠く、国見峠方面には ”ゆるぎ岩” が見える。
画像
 





14:00くらいに目的地の山上公園(富士見台)へ到着。
ここまで3.5時間。
本来なら2時間くらいで登れるそうなので、かなりゆっくりペースだった。
ランチの時間も長かったし……。

大多数のメンバーは、ここからロープウェイで下山だが、
「歩いて下山しよう」と強く進める仲間がいて、四人だけで裏登山道を歩いて下山することにした。

最終の高速バスには十分間に合う時間見積りだったが、これが大誤算だった。

先の大雨で、裏登山道が寸断されてしまっていて、う回路を歩いたり、河原を歩いたりして思わぬ時間をかけてしまった。

こんな大石がゴロゴロした河原をヨチヨチ歩く。
画像



結局、最終バスには全く間に合わず。

何とかロープウェイ駅まで辿りついて、ほっと一息。
そのあと、暗い夜道を四人でトボトボ歩いて、ようやく近鉄湯の山温泉駅へ到着。
そして、帰りは近鉄電車で名古屋へ。
名古屋へ着いたのは19時過ぎだった。



御在所岳と云うことで、少しなめていたが、結構きつかった。
下山の苦労話はいいお土産話になったし……。

久しぶりで、太ももの筋肉痛に悩ませられることに。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結構きつかった 御在所岳登山 街のタヌキはマイペース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる