開田高原から御嶽山を望む

噴火の10日ほど前、9月18日にはハイクで開田高原へ出かけた。
鯱城・ハイク部OBの例会。

噴火の兆候の全くない、静かな御嶽山が見られた。
画像
 


当日は絶好のハイク日和。地蔵峠から見る御嶽山に期待がかかる。

チャーターバスで開田高原へ。
約2時間半くらいで開田高原入口の観光案内所へ到着。

さすが、標高1100mの高原らしく、澄んだ空気が気持ち良い。
すでに一部の木々では紅葉が始まっている。
画像
 


駐車場わきに「開田嫁入り唄の碑」が建っていた。
画像
 


このすぐ傍にある野外音楽堂の広場で少し早いランチ。
ランチを済ませて、準備運動を済ませて、いざ出発。

道路わきには、そこかしこにコスモスがきれいに咲いている。
画像
 


これもコスモスっぽいが? ピンクが綺麗。
画像
 


清流、末川。 釣り人が二人。狙いはアユかな?
画像
 


橋を渡るとすぐ、「末川稗田の碑」が建っているところへ。
高冷地である高原で、苦労して水田を開いた人々を称えて建てられた江戸時代の石碑だ。
画像
 


すぐ向かいには「魚類供養の碑」。
画像
 


黄金に輝く見事な稲田。 
その向こうに鄙びた社の鳥居。 山村らしい風景だ。
画像
 


家々の向こうに御嶽山が綺麗に見えた。
画像
 


村落を離れて、山道が続く。 地蔵峠へ向かう登り道だ。
画像
 


峠の近くに、「縁結びの木」が。
カエデの木とタラの木がくっ付いてしまったようだ。
画像
 

末川村に住む小作の息子と地主の娘との悲恋物語があるそうだ。

地蔵峠へ到着。 ここは標高1335mとか。
画像
 

画像
 


地蔵峠から600mくらい下ったところに展望台がある。
ここから見る御嶽山が絶景だとか。
画像
 


しかし……  頂上には雲が少し。 それに若干霞んでいる。
画像
 




旧飛騨街道を下って、高原へ戻る。

秋らしい、ススキの野原。こう云う所で見るとススキも綺麗だ。
画像
 

画像
 


木曽馬センターへ到着。
みんなではしゃぎながら厩舎を見たり、馬場を眺めたり。
画像
 

画像
 


人懐っこい馬で、ブラッシングしてもらうと気持ちよさそうな表情をする。
画像
 


家族連れのグループも楽しそう。
画像
 


周りにはソバ畑が広がっている。
花も咲いているが、少し時期遅れか?
画像
 

画像
 


ブルーベリーの畑も見える。
8月下旬くらいまではブルーベリー狩を楽しめるそうだ。
画像
 


小高い丘にひときわ目立つ大樹が。コナラの一本木だそうだ。
画像
 


一回りして、観光案内所へ戻る。
そして、もう一つの楽しみ、「開田高原のそば」を食べる。
画像
 

ここのソバはやっぱ絶品だった。 ビールも旨かったけど。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック